食事でワキガ対策

食事でワキガが治る訳ではない

食事を改善することでワキガの臭いを抑えることができたりと、ワキガ対策にはなりますがワキガが治るわけではありません。

しかしながらワキガの臭いを和らげたりする効果はあります。

暴飲暴食を繰り返すことでワキガの原因となっているアポクリン腺から出る汗に、皮脂やタンパク質が多く含まれるようになりワキガの臭いがさらに強烈になってしまいます。

悪影響のある食事を摂取していると汗が皮脂やタンパク質まみれになります。こうなると皮膚上の細菌に分解されやすくなり、ワキガの臭いの発生比率を上げることに繋がります。

肉類や乳製品などは動物性タンパク質や脂肪が多く、これらはワキガの栄養分となるため肉類の取り過ぎはワキガにとって悪影響です。

しかし肉類や乳製品などは必要な栄養分ではあるため、取り過ぎがいけないというだけで食べてはいけないというわけではありません。

穀物・野菜・魚中心の生活

穀物・野菜・魚にはビタミンA・C・Eやポリフェノール・ベータカロチンといったワキガの臭いを予防する成分が多く含まれています。

そのため穀物・野菜・魚を中心として食生活を心がけることが大切です。

ビタミンAは新陳代謝を活発に行ってくれ、ワキに存在する菌の繁殖を抑えてくれる効果があります。

ビタミンAはほうれん草・小松菜・うなぎ・にんじんなどに多く含まれていますので、積極的に摂取していきましょう。

ビタミンC・E・ポリフェノール・ベータカロチンといった成分は脂質を抑えてくれる働きがあります。

主に含まれている食材としてピーマン・にら・バナナ・にんじん・れんこん・かぼちゃ・卵黄などに多く含まれています。

出来る範囲でいいので少しずつ食生活を改善していきましょう。

梅干しがおすすめ

肉類や乳製品を食べ過ぎてしまうと身体が酸性気味になります。

酸性気味になることでワキガの臭いは増していきます。そんな酸性気味の身体を元に戻してくれるのが梅干しです。

梅干しはアルカリ性食品なので酸性の身体を元に戻す働きがあります。梅干し一粒食べるだけでも十分な効果がありますので肉類や乳製品を食べ過ぎた時には梅干しを食べましょう。

梅干しほどの効果はありませんが、他にはこんにゃくやワカメなどもアルカリ性食品なので試してみてください。

食生活が欧米化してきた

欧米人にワキガ体質の人が多いことはよく知られていますね。

日本人はワキガ体質の人は少なく、全体の1割ワキガ体質だと言われています。ちなみに欧米人の8割はワキガ体質のようです。

欧米人ワキガが多い理由として食生活があげられます。洋食は肉類が多く含まれているのでワキガ体質になりやすいようです。

近年日本も食生活が大きく変わり、食生活が欧米化しつつあります。そのためワキガ体質の人が日本でも徐々に増えてきているのです。

和食を主食としていた以前までは、和食で自然とワキガを予防できていました。

このようにワキガと食生活密接な関にあるので、出来る範囲で食生活を改善していきましょう。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

多くのメディアに紹介されている人気商品です。ワキガの臭いを99.9%消臭除菌してくれるので外出時など臭いが気になる時に手軽に利用してみましょう。

また120日間返金保証付きなので安心して利用できるかと思います。