妊娠・出産に伴い急にワキガになることも

ホルモンバランスの変化による影響

妊娠中や出産後はプロゲステロンとエストロゲンの増減によってホルモンバランスが大きく変化します。

ホルモンバランスが乱れると汗腺の働きが活発になるため、妊娠・出産に伴いホルモンバランスが乱れることによって急にワキガになる人もいます。

しかしワキガ体質でない人がホルモンバランスの乱れによって急にワキガになることは考えにくく、急にワキガになったと感じる人は元々ワキガ体質であった可能性が高いです。

と言うのもワキガになる人はアポクリン汗線の数が多いことが原因です。アポクリン汗腺の量は生まれつき決まっており、手術で取り除く以外に変わることはありません。

そのためホルモンバランスによってアポクリン汗腺が活発になっても量が少ないとワキガの臭いを放つことはありません。

もともとワキガ体質であった人が妊娠や出産を機会に、ホルモンバランスが乱れてアポクリン汗腺が活発になった結果、ワキガを発症する人がほとんどです。

しかし妊娠や出産によってワキガになったと感じている人の多くはアポクリン汗腺の数自体がそれほど多くない人が多いはずです。

アポクリン汗腺が多ければ妊娠や出産に関係なくワキガがすでに発症していたと思います。

母乳による影響

妊娠すると身体の中で母乳が作られ、胸が大きくなります。

その時に乳腺が発達するため乳腺の近くにあるアポクリン汗腺を刺激してしまい、アポクリン汗腺を活発にしてしまいワキガに繋がることもあります。

ホルモンバランスの変化以外にも乳腺の発達によるアポクリン汗腺への刺激によってワキガになる人もいます。

免疫力の低下

妊娠中や出産後は免疫力が低下するため常在菌の量が増えます。

常在菌とアポクリン汗腺から出る汗が結びついて初めてワキガの臭いを放ちますが、免疫力が低下していると常在菌が繁殖しやすいためワキガの臭いを放ちやすくなります。

しかし免疫力が元に戻るとワキガの臭いも収まるケースが多いです。

乳児期を迎えるとワキガが治ることが多い

妊娠や出産で上記のような影響を受けてアポクリン汗腺が一時的に活発になっていた場合には、乳児期を迎えるとワキガの臭いが収まるケースが多いです。

人によりますが大体数ヶ月~1年辺りでワキガの臭いが収まるでしょう。

これは乳児期を迎えると活発になっていた汗腺の働きも収まってくるためワキガの臭いも同時に収まってきます。

乳児期を終えてもワキガが治らない理由

乳児期になるとほとんどのケースでワキガの臭いは収まってきますが、乳児期を迎えてもワキガの臭いが収まらないという人もいます。

ワキガの臭いが収まらないという人は、アポクリン汗腺が活発化して発達してしまった人に多く見受けられます。

つまり妊娠や出産におけるホルモンバランスの変化などの刺激によってアポクリン汗腺が発達して大きくなってしまったという事です。

基本的にアポクリン汗腺は思春期に発達するのですが、発達しない人もいます。

発達しなかった人は妊娠や出産の刺激によってアポクリン汗腺が発達してしまうケースがあります。

とにかくまずは乳児期まで様子を見てください。乳児期を過ぎてもワキガの臭いが収まらない人はデオドラント剤の使用や、手術を考える必要があるかもしれません。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

多くのメディアに紹介されている人気商品です。ワキガの臭いを99.9%消臭除菌してくれるので外出時など臭いが気になる時に手軽に利用してみましょう。

また120日間返金保証付きなので安心して利用できるかと思います。