ワキガと年齢の関係

ワキガを発症する年齢

ワキガかどうかというのは遺伝や体質によって生まれながら決まっているものです。

生まれつきアポクリン汗腺が多い人がワキガを発症させやすい訳ですが、年齢的にいつ発症するのでしょうか。

アポクリン汗腺が発達していくにつれてワキガの臭いが強くなっていき、ホルモンの分泌が盛んな思春期にかけてアポクリン汗腺は発達していきます。

人によってアポクリン汗腺の発達は個人差がありますが、男女共に高校生になると大人の立派なアポクリン汗腺に発達します。

つまり高校生になったらワキガ体質の人はワキガの臭いが強くなる人が多いです。

もちろん成長が早い人は小学生高学年や中学生にはワキガの臭いが強くなっている人もいます。

近年では食生活の変化からワキガを発症する年齢も低年齢化しているようです。これは欧米の食生活を取り入れているからだと考えられます。

しかしワキガ体質であってもアポクリン汗腺の活動が盛んになるのが20歳を超えてからという人もいます。

そういった人は20歳を超えてから急にワキガの臭いが強くなることもあります。

またワキガ体質でワキガが発症していない人は何らかの刺激を受けてワキガになる人もいます。

例えば妊娠や出産をするとアポクリン汗腺が刺激されるのでそこでアポクリン汗腺が発達してワキガが発症する場合もあります。

30歳を超えてから急にワキガになる?

ワキガかどうかは生まれもったアポクリン汗腺の量によって決まっていて、なおかつアポクリン汗腺が発達するのは主に思春期ということから30代を超えてからワキガに急になるというのは考えにくいです。

つまりもともとワキガだった可能性、ワキガ体質だったが何らかの影響でアポクリン汗腺が活発になった、もしくはワキガではなく年齢に伴い出てくる加齢臭の可能性があります。

ワキガの可能性を疑うなら自分で出来るワキガチェックで自分の身体や身の回りをチェックして確認しましょう。

加齢臭とワキガを間違う人が非常に多いので注意してほしい。あまりに気になる人は病院でワキガかどうか検査してもらうといいでしょう。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

多くのメディアに紹介されている人気商品です。ワキガの臭いを99.9%消臭除菌してくれるので外出時など臭いが気になる時に手軽に利用してみましょう。

また120日間返金保証付きなので安心して利用できるかと思います。