子供でもワキガなってしまう?ワキガになる年齢と対策

子供もワキガになるの?と思っている人はいるかもしれませんが、子供もワキガになります。

子供はワキガの原因であるアポクリン汗線自体が発達していないためワキガにはならないとされていましたが、近年子供の発達も早くなっているためワキガになる年齢も低年齢化していっています。

小学生高学年ぐらいなら十分ワキガになる可能性があります。

子供だからといってワキガにならないということはありません。

ワキガを発症する年齢

ワキガかどうかというのは遺伝や体質によって生まれながら決まっているものです。

生まれつきアポクリン汗腺が多い人がワキガを発症させやすい訳ですが、年齢的にいつ発症するのでしょうか。

アポクリン汗腺が発達していくにつれてワキガの臭いが強くなっていき、ホルモンの分泌が盛んな思春期にかけてアポクリン汗腺は発達していきます。

人によってアポクリン汗腺の発達は個人差がありますが、男女共に高校生になると大人の立派なアポクリン汗腺に発達します。

つまり高校生になったらワキガ体質の人はワキガの臭いが強くなる人が多いです。

もちろんアポクリン汗腺の成長が早い人は小学生高学年や中学生にはワキガの臭いが強くなっている人もいます。

近年では食生活の変化からワキガを発症する年齢も低年齢化しているようです。これは欧米の食生活を取り入れているからだと考えられます。

しかしワキガ体質であってもアポクリン汗腺の活動が盛んになるのが20歳を超えてからという人もいます。

そういった人は20歳を超えてから急にワキガになったように感じ、ワキガの臭いを強く感じることになります。

子供はワキガに敏感

小学生や中学生などの思春期と呼ばれる時期は子供は何かと敏感に反応してしまいます。

異性の目が気になってしまったりファッションに気を使うようになったりと、ワキガも同様に友達などに指摘されやすい時期です。

友達に指摘されると精神的にもかなりショックでそれが原因でイジメへと発展してしまうケースも少なくありません。

ワキガに対して正しい知識をつけて、しっかりと消臭剤を使うなどしてケアしていくほかありません。

これは子供だけにまかせるのではなく両親が積極的にワキガ消臭ケアをしていかなければいけません。最悪手術という決断も考えるべきだと思います。

子供のワキガは本当に精神的な部分がやられてしまうので家族で乗り越えるといった認識が必要になります。

ワキガ対策をしっかりと

子供は外で遊ぶことがかなり多いため、帰ってくる頃には大量の汗をかいていることがほとんどです。

汗を放置しておくと細菌が繁殖してしまいワキガの臭いも強くなってしまいます。

毎日のお風呂が大切になってきます。お風呂に入らない日がないようにしましょう。

シャワーだけではなく湯船に浸かり、ワキの下をスポンジでよく洗うことが大切です。

ワキガ専用の消臭剤ですが、学校に行く前に必ず塗ってから行くようにしましょう。これだけでも十分な消臭効果があります。

できればワキガの消臭剤を持っていくようにして気になった時に塗ることのできるようにしましょう。

最近の消臭剤はワキガの臭いを90%以上消臭してくれるものが出ていますので利用するようにしましょう。

何度も言いますが、子供のワキガは子供だけの問題ではありません。家族でワキガ対策を行うことが大切です。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

多くのメディアに紹介されている人気商品です。ワキガの臭いを99.9%消臭除菌してくれるので外出時など臭いが気になる時に手軽に利用してみましょう。

また120日間返金保証付きなので安心して利用できるかと思います。