デオドラントでワキガ対策

デオドラントとは?

まずデオドラントとはどのようなものなのかを紹介します。知っている人も多いかと思いますが、知っている人は読み流しましょう。

デオドラントとはバクテリアなどの雑菌の繁殖を防ぐための成分が含まれているものです。

デオドラントにも様々なタイプがあり、クリーム・スプレー・シート・ジェルなどがあります。また現在では消臭効果のある衣類なども発売されており、これらもデオドラントの一部です。

ワキガ対策をするうえで欠かせないのがこれらデオドラント剤です。

ワキガの臭いが気になる人は他人に迷惑を欠けないためにもデオドラント剤の使用は必須です。

デオドラントのやり過ぎもいけない

ワキガの人はワキガ対策としてデオドラント剤を使用するのは当たり前のことだと思います。

しかし何事もやり過ぎには注意してほしい。デオドラントをしていない健康な肌には善玉菌というのが存在しています。

この善玉菌には本来混ざり合うことのない汗と脂を混ぜる働きがあり、混ざり合うと膜となり皮膚の表面を覆ってくれます。

これによって皮膚の水分蒸発を防ぎ、UVカット効果や抗菌効果もあります。

しかしデオドラント剤使いすぎてしまうとワキガの臭い出す成分だけではなく、この善玉菌をも消してしまうことになってしまいます。

善玉菌を失うと肌が乾燥してカサカサになってしまい、ワキに黒ずみができたりとワキガにとっても悪影響を与えてしまいます。

デオドラントはワキガにとって必須アイテムですが、つけすぎには注意してほしい。

デオドラン剤は少量は数回に分けて

上記で紹介した通り、デオドラント剤の付けすぎは善玉菌を失ってかえってワキガに悪影響を及ぼしてしまいます。

なので朝出勤時に少量のデオドラント剤を付けていき、昼休憩にデオドラント剤をつけ、仕事終わりにデオドラント剤をつけるように数回に分けてデオドラント剤を使っていきましょう。

また家に帰ったらデオドラント剤を落とすようにして、外出しない時には肌を休める意味でもデオドラント剤の使用を控えましょう。

汗で流れる時はクリームタイプがおすすめ

ワキは汗をかきやすい場所ですが、特に夏はワキに大量に汗をかいてしまうためデオドラン剤が汗で流れてしまう場合があります。

特にスプレータイプのデオドラント剤は手軽ですが、汗で流れやすいため夏場は向きません。

クリームタイプのデオドラント剤は汗にも強いため最もおすすめできるデオドラント剤です。

当サイトおすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

多くのメディアに紹介されている人気商品です。ワキガの臭いを99.9%消臭除菌してくれるので外出時など臭いが気になる時に手軽に利用してみましょう。

また120日間返金保証付きなので安心して利用できるかと思います。